ピンクの愛をふりかけて。

おはようございます。

一般社団法人色彩心理カウンセリング協会認定
色彩心理カウンセラー1級のジョーこと上代(じょうだい)貴子です。

連休明けですね。
あなたはどのように過ごされましたでしょうか?

私は、色彩心理研究所のZOOM勉強会に参加をしました。

今回のテーマは
「ピンク」!

約2時間半、またまた熱く語り合いました。

ピンクが好きな人
ピンクを身に付けるのが苦手な人…

様々でしたが

私が感じたのは
“老若男女問わずピンクは必要”
ということです。

ピンクの代表的な色彩心理は
「全ての愛」

恋愛、親子愛、自己愛、仕事愛…

ピンクを使うと

「心がフワフワした感じになる」
「華やかな気分になる」
「守られているような気持ちになる」

など…

桜のピンクを見てやさしい気分になるように
心がささくれ立っている時に効果的ですね。

別にピンクの服を身に纏う必要はありません(笑)。

小物や下着などに使っても効果はあります。

人に見えなくても
自分に見えることでピンクパウダーをふりかければいいのです。

逆に、人に見えるように身につけた場合は
見た人にもピンクの色彩効果が影響するので注意が必要です。

私は20代の頃、
仕事先でピンクのスーツを着た時
未熟な印象を与えてしまった苦い経験があります。

それから私は仕事の時にはピンクの服は着なくなりました。

その分、休みの日にはピンクを着て
仕事の時の厳しさから自分を解放してバランスを保つようにしています。

ピンクの「甘さ」がマイナスに働くと「未熟」になってしまう。
どの色にもあるマイナス面には注意が必要ですね。

ピンクは虹の7色の中には存在しない色です。
それが赤と紫をつなぐことでピンクになり
色彩の世界に欠かせない「色相環」が出来上がりました。
(専門的なお話になりますが…)

だから…
“本来つながらなかったものをつないだ色”
として、色彩心理では“人と人をつなぐのに欠かせない”
「愛」がテーマになるのです。

色彩心理カウンセリング協会のアイテムにも
虹の7色に加えてピンクが入っているのもその理由からです。

そんな奥深い色の世界を
あなたも学んでみませんか?
体験講座もありますよ。
オンラインでの対応もしています。
詳しくはコチラをご覧くださいね↓↓↓
https://shikisaishinri.jp/course/

あなたは今日どこかにピンクがありますか?

最近、自分にやさしくしていますか?

ピンクの愛を自分にもふりかけてあげてくださいね。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。

■登録していただき、お友達になってくださいね
公式LINE@のURL: こちらから</
公式LINE@のID: @shikisaishinri
■YouTubeチャンネル「イロ×ユメ×ココロチャンネル」は
こちらから
チャンネル登録ヨロシクお願いします!
■協会インターネットラジオは
こちら からどうぞ。
■色彩心理カウンセリングとは?
こちら からどうぞ。
■最新のイベント・セミナーは
こちら からどうぞ。
■講座の案内は
こちら からどうぞ。
■洞渕美佐緒の願いを叶える「夢実現プロジェクト」は
こちらから

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*☆.。☆.。:*
☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。