金色と銀色

こんにちは。
一般社団法人色彩心理カウンセリング協会
事務局の美山加代子です。

風邪は治ったはずなのに、せきが続いていて
すっきりせず、先週末に病院へ行って来ました。
咳止めとトローチをもらってかなり楽になっています。

みなさんは、「金色」と「銀色」では
どちらがお好きですか?
好みに分かれるところですね。

私は、銀色が好きなんです。
上品で静かな感じがして、万年筆やリングなど銀色です。

銀色は、協調性が高い色です。
白を高級に表現するときにも使われます。

銀色のイメージは、
シンプル 協調性 金属 高級 殺菌 洗練 知性 未来 冷たさ など

効果としては、
上品な印象を与える。
すっきりと見せてくれる。
洗練されたシャープなイメージを与える。
気持ちをリラックスさせてくれる。
都会のイメージを与える。
単体で見ると、少し冷たい感じでしょうか?
シンプルな色だけに、
他の色と混ざると、どの色とでも
仲良く出来る色ですね。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。

■登録していただき、お友達になってくださいね!
公式LINE@のURL: こちらから
公式LINE@のID: @shikisaishinri
■協会インターネットラジオは こちら からどうぞ。
■協会YouTubeチャンネルは こちら からどうぞ。
■色彩心理カウンセリングとは? こちら からどうぞ。
■最新のイベント・セミナーは こちら からどうぞ。
■講座の案内は こちら からどうぞ。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*☆.。☆.。:*