生命力を感じる色

おはようございます。

一般社団法人色彩心理カウンセリング協会認定
色彩心理カウンセラー1級のジョーこと上代(じょうだい)貴子です。
プロフィールは⇒こちら

先日亡くなった瀬戸内寂聴さんの言葉で
「私、生命力のある激しい女が好きです」
(1967年『鬼の栖』)
というのがあります。

私もそんな女好きです。
そうありたいです(笑)。

色の世界で「生命力」というキーワードが当てはまるのは
色相では「赤」
トーンでは「ビビット」です。

先日、私はビビットな生命力溢れるアート展に行って来ました!

シンプルな白い壁の倉庫のような建物の中に入ると…

ビビットでカラフルな世界。

このメリハリも刺激的でした。

きゃりーぱみゅぱみゅさんの世界観を生んだアートディレクター
増田セバスチャンさんの作品です。

「Kawaii(カワイイ)」文化の先駆者ですね。

あなたはこの作品を見てどのように感じられますでしょうか?

どちらかと言うと、
大人になると避けてしまいたくなるような色使いですが、
この日の私はびっくりするくらい楽しめたのです。

きゃりーぱみゅぱみゅさんになった気分になりました♪

色を自由に使えるのは平和だなと感じたこと。
生き生きと生命力に溢れたビビットカラーの中に身を置いて、
混じりけのないピュアな気持ちで元気になれたこと。

その感覚が、私を楽しませてくれたのだと思います。

そして気づいたことがありました。

ビビットな色は、
若い人だけに限らず
大人、しかも高齢の方にこそ必要な色だと。

私は高齢の両親と住んでいるので、
認知症予防のためにも日々の何気ない会話を大切にするように心掛けています。

そんな中、よくビビットなお花を食卓に飾るようにしているんです。

するとパッと目に飛び込んできて
「この花何?」
「今日も元気に咲いてる!」
など、会話のきっかけを作ってくれます。

会話と笑顔をもたらしてくれているんですよね。
脳も刺激してくれます。
生きる力を与えてくれます。

“コロナ禍で沈む心に色彩で希望を灯す”

そんな増田セバスチャンさんの言葉も
色彩心理カウンセラーの血が騒ぎました。

人は色で変わることが出来る。

ただ表面的な“色彩”に終わらないビビットでカラフルな世界。
生きていくために必要なことに気づかせてくれるアート展でした。

11月21日まで大阪で開催されています。
↓↓↓
https://sebastianmasuda.com/

あなたもビビットでカラフルな「Kawaii(カワイイ)」の世界を
体感してみませんか?

★色彩心理カウンセリング協会では
各講座をオンラインでも開催しています。
詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓
https://shikisaishinri.jp/course/
ホームページに記載されていないお日にちも相談に応じます。
まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。
■登録していただき、お友達になってくださいね。
公式LINE@のURL: こちらから
公式LINE@のID: @shikisaishinri
■YouTubeチャンネル「イロ×ユメ×ココロチャンネル」はこちら から
チャンネル登録ヨロシクお願いします!
■協会インターネットラジオは こちら からどうぞ。
■色彩心理カウンセリングとは? こちら からどうぞ。
■最新のイベント・セミナーは こちら からどうぞ。
■講座の案内は こちら からどうぞ。
■洞渕美佐緒の願いを叶える「夢実現プロジェクト」はこちらから

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*☆.。☆.。:*☆.。:・★.。