赤いサーブでドライブ気分

おはようございます。

一般社団法人色彩心理カウンセリング協会認定
色彩心理カウンセラー1級のジョーこと上代(じょうだい)貴子です。
プロフィールは⇒こちら

1月も今日で終わりですね。
少し日が長くなったのを感じると春が近づいてきたようで嬉しくなります。

あなたはいかがですか?

さて、先日私は“色”が気になる映画を観てきました。

カンヌ国際映画祭で脚本賞など4冠を達成した作品
『ドライブ・マイ・カー』。
(原作:村上春樹 × 監督:濱口竜介)

ポスターを見た時に、
この“赤いサーブ”が目に焼き付いたのです。

映画の中でどんな意味をもたらすのだろう?

「原作では黄色のサーブ900コンバーチブルという設定だが、
映画ではより風景に映える赤い車体のサーブ900ターボのサンルーフが使用されている」

という基礎知識を入れて観賞へ。

確かに映えていました。

真っ白な雪景色の中を赤いサーブが静かに佇む映像を見た時は、
「黄色だったら雪景色と喧嘩してただろうな」と思いました(笑)。

でも、それだけではなくて
私は赤が持つ「命」「生きる」「血」というキーワードがしっくりきたのです。

生き残ったものの使命。
本音でぶつかり合う血の通った会話。
再生への希望。

生命の源である赤と重なり合って
スクリーンから目が離せなくなりました。

上映時間179分。

あっという間です。

全体的には静かに淡々と湿りけを帯びながら進んでいくけれど
眠くなりそうなところでピリリとスパイスがかけられてハラハラします。

ところどころで
「自分にも当てはまる…」と思わせられる部分もあり
苦しくもなります。

でも「生きよう」と思わせてくれるのです。

色彩心理カウンセラーとしては
そんな“赤効果”を全身で味わいたく…

赤い服を着て観に行きました(笑)。

遊び心と共に赤のパワーをしっかり注入。

おかげで気持ちも前向きになりました。

西島秀俊さんの鍛え上げられた肉体美。
三浦透子さんの淡々さ。
岡田将生さんの不安定さ。
霧島れいかさんのクラっとする色気。

私はこのキャスティングも好きです。

あなたも“赤いサーブ”でドライブ気分を味わってみませんか?
三浦透子さん演じるドライバーみさきの運転は、
とても滑らかなのです。(これも映画の大事なポイント)

 

◆色のおしゃべりお茶会VOL.3
オンラインで色についてざっくばらんに話をする「色のおしゃべりお茶会」
第3回を開催します♪
今回の「色のおしゃべりお茶会」のテーマカラーは『ピンク/Pink』
ピンクが大好き!という方はもちろん、
ちょっと苦手かも…という方もぜひご参加ください!
色のもつイメージと効果をお伝えしながら、自由におしゃべりしたいと思います☆
《開催日時》
・2022年2月5日(土)14時〜15時半
《詳細・お申込み》
https://shikisaishinri.jp/event20220205/

◆各講座をオンラインでも開催しています。
詳しくはこちらをご覧くださいませ↓↓↓
 https://shikisaishinri.jp/course/

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。
■登録していただき、お友達になってくださいね。
公式LINE@のURL: こちらから
公式LINE@のID: @shikisaishinri
■YouTubeチャンネル「イロ×ユメ×ココロチャンネル」はこちら から
チャンネル登録ヨロシクお願いします!
■協会インターネットラジオは こちら からどうぞ。
■色彩心理カウンセリングとは? こちら からどうぞ。
■最新のイベント・セミナーは こちら からどうぞ。
■講座の案内は こちら からどうぞ。
■洞渕美佐緒の願いを叶える「夢実現プロジェクト」はこちらから

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*☆.。☆.。:*☆.。:・★.。